読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

* Do Be Do Be Do *

あ〜、と腹落ちする瞬間がたまらんです。

四年間の留学生活で学んだことは、自分は自分でいいんだということでした。パート2

 

自分が何者かわからなくなっていた私にとって、留学先はすごく心地が良い環境でした。街には、黒人、白人、アジア人、南米人、先住民系がごちゃまぜに生活していて、ぱっと見る限り誰がアメリカ人で誰が外国人だかわかりません。ミックスの人もたくさんいるし、みんな思い思い生活している。

 

私が日本人だろうが、中国人だろうが、ミックスだろうが、そんなことは日常生活では気にしなくていい環境がとても楽でした。日本で思った以上に窮屈さを感じていたんだなあと、外に出て初めて気が付きました。

 

英語と格闘しながらも、半年後にはAsian Student Associationという団体に入り、アジア人の留学生、アジア系アメリカ人と交流するようになりました。アジア系アメリカ人の経験を聞いてみると、私と同じようなアイデンティティのグラつきを経験していることがわかりました。たとえアメリカでも生まれ育っていたとしても、アジア人=外国人というステレオタイプがあり、彼・彼女たちはしょっちゅう「Where are you from(どこから来たの?)」と聞かれる。

 

自分のことをどういうふうに定義(identify)しているの?と聞くと、

「I am American, but I am also Chinese, Filipino, Korean, Japanese, Vietnamese.」という答えが返ってくる。

 

これを聞いた時に、ああ、両方でもいいのか。というとても単純明快な答えにたどり着きました。私は中国人であり、日本人である。それでいい。

 

今までどっちかにならないといけないと思い込んでいた私にはちょっと拍子抜けだったけど、とても楽になりました。

 

二項対立で物事を考える社会では、どちらかに所属しないといけないプレッシャーがあるように思います。アメリカ人か外国人か。日本人か中国人か。男か女か。女が好きか男が好きか。グレーな状況に慣れていない私たちの多くは、相手が何者かはっきりわからないときに白黒つけたくなる。でも、アイデンティティっていうのは、もっと複雑で、時と場合で変化していくものだということを、アメリカで学びました。

 

自分は、中国人でもあるし、日本人である。

 

誰がなんと言おうが、私は私のままでいていいんだと心から思えたことは、自分に自信を持つきっかけにもなったし、肩の荷がおりて、いろいろなことに挑戦するきっかけにもなりました。中国人である自分を受け入れられたこと、そしてその結果家族との絆も深くなったことは、一度日本から出ないと経験できないことでした。そういった意味で、アメリカ留学は私の人生の転換期であり、第二の人生の始まりでもありました。

 

私は海外に出させてもらえる環境があったけれど、日本には、それができない外国にルーツがある子ども、若者がいる。そういった人たちに、日本にいても、あなたはあなたのままでいいんだよと思ってもらえる機会づくりをしたいなあ、と今は思っています。

 

自分を受け入れた(と思った)自信から、アメリカ2年目はひたすらいろんなことに挑戦し、走り抜けた時期でした。だけど、アメリカ3年目にして、またまた新たな分厚い壁にぶつかったのです。

 

パート3に続く。

四年間の留学生活で学んだことは、自分は自分でいいんだということでした。パート1

 

2016年2月23日で、アメリカ生活4周年を迎えました。大学卒業も6月に控え(必修授業を取れれば)、(結局8月になりました)。自分の留学生活を振り返ってみよう、ということでざっくり思い思いのまま書いてみようと思います。

 

私がアメリカに来て学んだこと、それは英語もそうだけど、一番は自分自身についてです。アメリカに来るまで、それまでの21年間、わたしは自分のことが嫌いでした。自分に自信がなくて、卑屈で、常に周りと比べて、見下すことによって自分を保っているような人間でした。

 

振り返るといろいろな要因があると思うけれど、一番は自分のアイデンティティの不安定さが、自信のなさに繋がっていたと思います。

 

私の家族は中国からの移民です。私は中国内モンゴル自治区で生まれ、3歳の時に、日本にやってきました。お母さん側の祖母が中国残留孤児で、10代のころに開拓団として中国東北地方に出向し、数カ月後に日本は戦争に負けました。関東軍は一般市民を残して撤退し、祖母たちは中国で生活することを余儀なくされました。

 

その後、祖母は父を亡くし、姉を知らない人に連れていかれ、弟とは生き別れ、60歳近くまで中国で生活していました。90年代に親戚と連絡がつき、祖母は祖国に帰ることを決め、祖母側の家族が日本に移住したのが、私が3歳のときでした。

 

そんな感じで、私は自分が中国人であることを意識しながら、日本で育ちました。子どもというのはおもしろいもので、日本社会における中国人の扱われ方を自然と汲み取り、小学生の頃には自分が中国人であることを恥じるようになっていました。

 

中学になると更に悪化して、親と中国語を話しているのを見られるのが嫌だから一緒に外出するのも嫌、親の中国訛りの日本語を聞くのが耐えられないから、親が日本語で電話に出ているとその場から逃げるとか、同級生に中国人であることがバレることを怖がり、誰も家に呼んだことないし、とにかく必死に「日本人」らしく振る舞っていました。高校では少しずつ様子を見ながらカミングアウトできるようになったけれど、それでも初めて友達に打ち明けるときは、心臓がバクバクしていたのを覚えています。

 

一番のトラウマは、修学旅行でオーストラリアに行った時に、自分だけ中国パスポートで再入国ゲート(永住者用)を通らないといけなかったことでした。このトラウマは、私が日本人に帰化したいと思い始めたきっかけだなと振り返って思います。

 

日本の大学に進学してからも、タイミングがあれば自分のことを話すみたいな感じで、ゆっくりと自分のことを受け入れ始めてたのかもしれないけれど、根本的には中国人である自分を否定していました。同級生たちが海外ボランティアやら、バックパッカーやらしているなか、中国パスポートで海外に行くことが嫌という、今思うとアホらしい理由で海外にも行ってませんでした。

  

中国人であることが嫌、日本人になりたいという思いは強くなる一方で、19歳のときに、帰化することを両親にお願いしました。日本の法律では、20歳になると親の同意なしに帰化することができます。でも、私はその一年が待てずに、結果的に母親を道連れにして、母と一緒に日本人に帰化しました。(追記:実は帰化というのは20歳以上なった人がする手続きで、私の場合は帰化ではなく国籍変更みたいです。)

 

晴れて「日本人」になった私は、全てのしがらみから抜け出せて楽になると思っていました。でも、待ち受けていたのはアイデンティティのグラつきでした。紙の上では日本人になりました。でも、家では中国語を話すし、正月はおせちじゃなくて餃子を食べるし、お雛様を飾ったこともない。日本の文化とか正直よくわからない。

 

あれ、おかしいなあ、私ぜんぜん日本人じゃない。。かといって、中国の文化もぜんぜん知らないし。なんだか中途半端だなあ。100%日本人でもないし、100%中国人でもない。そもそも、日本人であるってどういうこと?私って何なんだろ、、そんな疑問が生まれて、すごく気持ち悪くなりました。

 

そういう気持ちを持ちながら、だんだんと国内の差別問題にも興味が湧き始め、芸能人の中に在日朝鮮、韓国人であることを隠して活躍している人がいることを知ったりして、本当の自分を隠さないと生活できない日本社会に憤りを感じ始めるようになりました。そして移民大国のアメリカでは、みんなどうやって自分のアイデンティティを確立して生きているんだろうと、気になり始めたのが留学を考え始めたきっかけでした。

 

そしてそして、2012年2月、アイデンティティ・クライシスを迎えた私は、何かヒントを得られるんじゃないかという期待を胸に、アメリカに旅立ったのでした。(一年後には帰ってくる予定で。)

 

パート2に続く。

2015年11月14日の脳内

 

*頭がいい人ほど、物事を簡単に説明できること。

 

*怒りを原動力にする限界があるということ。 

 

*自分の持ってる特権に罪悪感を感じること。 

 

*罪悪感を感じて、負のエネルギー使うくらいなら、何か行動したほうがよっぽど生産的であるのはわかってるけど、囚われてる自分が嫌なこと。

 

*アメリカにおいて、アジア人であること(特に日本人として振る舞うと)の中途半端さをどう扱っていいかわからないこと。 

 

*2015年に黒人と遊んではいけませんという白人の親がいるということが本当に気持ち悪いと思うこと。 

 

*人種差別について、白人の前で話すときにもつ恐れに嫌気がさすこと。 

 

*そして、恐れているっていことは、そこに何かしらの力関係が生じているっていう事実に悔しくなること。

 

 *常日頃から愛が大事とか言うておきながら、他の人が言う愛が〜とかいう陳腐なセリフを気持ち悪く感じること。

 

 *キレイゴトばっか言って満足して、何かを変えようと行動しない人にイライラすること。

 *そして、それは最近の自分であること。

 

 *さらにイライラするってことは、他人に期待してるってこと。

 

 *わかっているけど、無意識のうちに期待しちゃってること。 *その無意識に気がつくことがすごく大切だということ。

 

 *本当に目の前の人の話すことを理解しようと聞こうとするとものすごく疲れること。

 

 *日頃のコミュニケーションでどんだけ意識して聞いていないかってこと。

 

 *世界のパワーバランス気づかないまま、メディアに躍らされる自分とその他大勢に嫌になること。 

 

*西洋的思考を当たり前だと教えられてきた東洋人と東洋文化に価値を見出す北米人てちょっと皮肉だなってこと。 

 

*最近のアメリカ社会における一種の東洋文化の持ち上げに気持ち悪さと違和感を感じること。

 

 *日本ってだいぶ、アメリカナイズされていること。 

 

*日本にも人種差別あるから、ってこと。

 

 *いいかげん気づいて?ってこと。 

 

*怒ったところで、マイノリティはいつも怒ってるってラベル貼られるのはわかってること。 

 

*アメリカにおける黒人の立ち位置って、日本では在日コリアンなのかな?っと考えたこと。いつも不平不満を言ってるラベルを貼られているって意味で。 

 

*社会正義を話すときに、マイノリティが批判しているのは個人じゃなくて、社会構造であること。 

 

*でもそれを多くマジョリティが理解していないから、自分が攻撃されたと反発して、対話が進まないこと。

 

 *日本の公教育(銀行型教育)を受けてきた自分が、いかに社会(問題)について無知で無関心だったか、日々思い知られせること。 

 

*国境という人間が作った概念が社会不正を生み出していることがだんだんわかってきたこと。 

 

*世界のそこらじゅうで起こっているinjustice(不正?非正義?)を平等に感じることに限界を感じる自分がもどかしいこと。 

 

*そして、平等に感じることができないことに罪悪感を感じる自分はまだマシだ!って何も行動していない自分を正当化している自分がいること。

 

 *いや、でも案外それなりにやってきてるじゃん?って自分を認めてあげようよ、ってこと。

 

 *でもやっぱりこの一年、ちょっと逃げてたかな、と思うこと。 

 

*でもでも、その分自分という人間について向き合えたから、きっと必要な時間だったんだろうな、と思うこと。 

 

*最近はやりたいことはあるのに、できていない、くすぶってる自分にイライラすること。

 

 *他人からの評価を気にしていること。 

 

*教育は洗脳ではなくて、あくまで機会を与えているということ。 

 

*与えられた知識で学生が何をするかを期待するのは違う、ということ。 *結局人は変えられないこと。 

 

*自分のアクティビズムをすればいいんだよってこと 。

 

*ウォーキング・デッドを見始めて、頭がゾンビでいっぱいなこと。 

 

*そしてあまりよく眠れなくて、でも見るのを辞められないことにもどかしさを感じること。

罪悪感

 

 

罪悪感をもってしまう。

 

 

貧困や飢餓に苦しむ途上国の人々を見ると、自分が日本で育ったことに。

 

黒人が人種差別による暴力を受けているときに、アジア人であることに。

 

 家を追われた難民のニュースを見た時に、自分が留学生として安心できる家で過ごしていることに。

 

海外留学に行きたくても行けない人たちを目の前に、親のお金でアメリカに留学していることに。

 

 

 

 

罪悪感をもってしまう。

 

 

それは、自然なこと。

  

むしろ、持っているだけ、ましなことかもしれない。

  

なぜなら、自分が恵まれていることに気が付いているから。

  

でも、罪悪感を持ち続けるだけで、何かが変わるだろうか?

 

 

あの人は可哀想だ、辛そうだ。

  

傍観者として立っている。

 

私は関係ない。

 

自分は無力だ。

 

自分はこんなにも恵まれていて申し訳ない。

  

だけど、可哀想だと思っている自分はまだましだ。

 

申し訳ないと思っている自分はまだ良い人間だ。

 

 

そうやって自分を正当化する。

 

 

 

 

 

 

でも、待って。

 

 

その罪悪感を良い方向に使えないだろうか。

 

自分のもっている「特権」を、より良い社会のために使えないだろうか。

 

恵まれている自分に罪悪感をもつところで、止まるのではなく、

 

じゃあ、特権をもつ自分には何ができるだろうか、と考えたい。

 

 

  

何も、難民支援団体を立ち上げろと言ってるわけじゃない。

 

カンボジアにボランティアに行けというわけでもない。

 

今すぐ、留学辞めて働けというわけでもない。

 

 

大事なのは、自分が恵まれている立場を利用して、何かを社会に還元すること

 

自分のできること、小さなことでもいいから、まずは探してみること。

 

 

そして、自分ができることを見つけるためには、まずどんな「特権」を持っているか「知る」ことから始めるといいのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどんな特権を持っていますか?

 

 

その特権を使って世界のために何ができますか?

 

  

固定観念や思い込みだらけの世の中

「わたし、イスラム教徒なの。」

 

障害教育のクラスで、ある白人の女の子が言った。

 

あなたはどんな排他的な態度をとられた経験はあるか、という質問に対しての答えだった。

 

イスラム教徒だったクラスメイトに、私もイスラム教徒なのって言ったら信じてもらえなかった、という経験をしたことがあるらしい。

 

同じイスラム教徒なのに。彼女はそこを強調していた。

 

これを聞いた時に、少し驚いた自分もいた。

 

白人でイスラム教徒って出会ったことない。いや、そういや昔モロッコ人のイスラム教徒の女の子がいたな。彼女も白人よりの見た目だった。

 

驚いた自分がいたということは、イスラム教徒=中東系という思い込みが自分の中にまだあったってこと。世の中の固定観念だとか、思い込みとかには敏感であるつもりでも、まだまだ拭い去れない自分の中のイメージはたくさんあるもんだ。

 

 

中東系=イスラム教徒

 

白人=キリスト教徒

 

インド人=ヒンドゥー教徒

 

アフリカ人=黒人

 

白人=英語喋る

 

教育というのは、植え付けられてきた固定観念や思い込みを取り除くこと(unlearn)だと聞いたことがある。

 

確かにそうだよな、と思った。

 

新しいことを知ることは、自分のなかの判断材料が増えるということ。

 

判断材料が少ないがゆえに、短絡的な思考をしてしまうんだろうな。

 

植松努さんも言ってる。

 

精神的の発達とともに、

人間は、複雑な物事を複雑なままとらえられるようになるそうです。

ということは、精神的に未成熟な場合は、

物事を極度に単純化し、白黒つけたがるのかもしれません。

 

犯罪や事故のニュースを見たときに、 

「だから〇〇はダメなんだ!ゆるせねえ!」とか思うのは、思考が単純である証拠だと思います。

そうではなくて、

「なんでかなあ?」と考えた方が、いろんなことを考えられて、それは、きっと、脳を発達させます。

 

「なんで、手厚い報酬を棒に振るうような犯罪を犯せたのかなあ?」

「なんで、自分を抑えられなかったのかなあ。」

「自分だったら、どうかなあ。」

と考えたら、もしかしたら、犯罪に至る思考や、犯罪の兆候を考えることができ、それは、自制心や、周囲へのケアにも役立つかもしれません。

 

世の中も、人間の心も、おもったよりも複雑です。

 

単純な理由付けをできないほど社会は複雑なのに、私たちの周りは固定観念と思い込みに溢れている。それは、きっとそのほうが楽やから。〇〇=〇〇って思い込むだけで、それ以上考えなくて済むから。

 

中国人は〜やから、嫌い。

韓国人は〜やから嫌い。

よく聞きます。

 

イスラム教徒はテロリスト。

移民増加は治安を悪化させるから反対。

精神病者は危険。

障害者は特別な支援が必要だから、特別施設に入れたほうがいい。

こういう固定観念を持っている人も多いと思います。

 

 

 

 

身近な問題から国際問題まで、すぐに決めつけずに、「なんでだろう」とこれからも問い続けるようにしていきたい。

 

ムスリムの子の発言ではっとさせられたのでした。