読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

* Do Be Do Be Do *

あ〜、と腹落ちする瞬間がたまらんです。

2015年11月14日の脳内

 

*頭がいい人ほど、物事を簡単に説明できること。

 

*怒りを原動力にする限界があるということ。 

 

*自分の持ってる特権に罪悪感を感じること。 

 

*罪悪感を感じて、負のエネルギー使うくらいなら、何か行動したほうがよっぽど生産的であるのはわかってるけど、囚われてる自分が嫌なこと。

 

*アメリカにおいて、アジア人であること(特に日本人として振る舞うと)の中途半端さをどう扱っていいかわからないこと。 

 

*2015年に黒人と遊んではいけませんという白人の親がいるということが本当に気持ち悪いと思うこと。 

 

*人種差別について、白人の前で話すときにもつ恐れに嫌気がさすこと。 

 

*そして、恐れているっていことは、そこに何かしらの力関係が生じているっていう事実に悔しくなること。

 

 *常日頃から愛が大事とか言うておきながら、他の人が言う愛が〜とかいう陳腐なセリフを気持ち悪く感じること。

 

 *キレイゴトばっか言って満足して、何かを変えようと行動しない人にイライラすること。

 *そして、それは最近の自分であること。

 

 *さらにイライラするってことは、他人に期待してるってこと。

 

 *わかっているけど、無意識のうちに期待しちゃってること。 *その無意識に気がつくことがすごく大切だということ。

 

 *本当に目の前の人の話すことを理解しようと聞こうとするとものすごく疲れること。

 

 *日頃のコミュニケーションでどんだけ意識して聞いていないかってこと。

 

 *世界のパワーバランス気づかないまま、メディアに躍らされる自分とその他大勢に嫌になること。 

 

*西洋的思考を当たり前だと教えられてきた東洋人と東洋文化に価値を見出す北米人てちょっと皮肉だなってこと。 

 

*最近のアメリカ社会における一種の東洋文化の持ち上げに気持ち悪さと違和感を感じること。

 

 *日本ってだいぶ、アメリカナイズされていること。 

 

*日本にも人種差別あるから、ってこと。

 

 *いいかげん気づいて?ってこと。 

 

*怒ったところで、マイノリティはいつも怒ってるってラベル貼られるのはわかってること。 

 

*アメリカにおける黒人の立ち位置って、日本では在日コリアンなのかな?っと考えたこと。いつも不平不満を言ってるラベルを貼られているって意味で。 

 

*社会正義を話すときに、マイノリティが批判しているのは個人じゃなくて、社会構造であること。 

 

*でもそれを多くマジョリティが理解していないから、自分が攻撃されたと反発して、対話が進まないこと。

 

 *日本の公教育(銀行型教育)を受けてきた自分が、いかに社会(問題)について無知で無関心だったか、日々思い知られせること。 

 

*国境という人間が作った概念が社会不正を生み出していることがだんだんわかってきたこと。 

 

*世界のそこらじゅうで起こっているinjustice(不正?非正義?)を平等に感じることに限界を感じる自分がもどかしいこと。 

 

*そして、平等に感じることができないことに罪悪感を感じる自分はまだマシだ!って何も行動していない自分を正当化している自分がいること。

 

 *いや、でも案外それなりにやってきてるじゃん?って自分を認めてあげようよ、ってこと。

 

 *でもやっぱりこの一年、ちょっと逃げてたかな、と思うこと。 

 

*でもでも、その分自分という人間について向き合えたから、きっと必要な時間だったんだろうな、と思うこと。 

 

*最近はやりたいことはあるのに、できていない、くすぶってる自分にイライラすること。

 

 *他人からの評価を気にしていること。 

 

*教育は洗脳ではなくて、あくまで機会を与えているということ。 

 

*与えられた知識で学生が何をするかを期待するのは違う、ということ。 *結局人は変えられないこと。 

 

*自分のアクティビズムをすればいいんだよってこと 。

 

*ウォーキング・デッドを見始めて、頭がゾンビでいっぱいなこと。 

 

*そしてあまりよく眠れなくて、でも見るのを辞められないことにもどかしさを感じること。